1. HOME>
  2. SDGs

成田運送は、SDGsに取り組んでいます

「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals:SDGs)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2030年までの国際社会共通の目標です。
貧困・飢餓の解決、すべての人に教育を提供する、気候変動への対策など、持続可能な世界に変えるために必要な17のゴール(目標)と、それらをより具体的に示した169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず、先進国も含めて全ての国が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本でも政府だけでなく、企業も積極的な取り組みをおこなっています。

成田運送のSDGsへの取り組み

働きやすい環境づくりを目指します

3.すべての人に健康と福祉を

・ドライバーの働き方改革を重視した「ホワイト経営」へシフトしている自動車運送事業者の取組み状況を「見える化」するために、「働きやすい職場認証制度(運転者職場環境良好度認証)」の取得を目指しています。

また、従業員の心と体の健康管理として、通常の定期健診だけではなく以下のことにも取り組んでいます。
・人間ドック・歯科検診・インフルエンザ予防接種の促進と助成
・JMI・ストレスチェックの実施、メンタルヘルス窓口の設置




5.ジェンダー平等を実現しよう
8.働きがいも経済成長も
10.人や国の不平等をなくそう


当社の取り組みとして、千葉県「”社員いきいき!元気な会社”宣言企業」に登録されました。

現在部署、所属に関係なく女性が活躍中しています。
また今後の物流業界の人手不足を見据え、60歳以上のドライバーを積極的に採用し、活躍していただいております。入社の際は個々の希望や健康状態などを考慮し雇用形態を変え健康で元気な労働生活が送れるよう取り組んでいます。
また、派遣事業部では外国籍の方の採用も積極的に行っております。年齢・性別・国籍に関係することなく地域の方の「働きたい」という気持を支えていきます。


環境と安全に配慮し地域の物流を支えます

7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに
9.産業と技術革新の基盤を作ろう
11.住み続けられるまちづくりを
13.気候変動に具体的な対策を


運送会社として、地球の環境と安全を守りながら運営することは会社としての使命です。

グリーン経営・Gマークを全営業所取得し、IT点呼を導入しました。
現在、古い車両から低炭素型ディーゼルトラック・衝突被害軽減ブレーキ搭載車への切り替えを行っております。今後、全車両の切り替えを早期に目指します。
また、自車両の燃費計算を従業員自らが行うことで、経費の意識だけでなく使用燃料を減らしエコロジーに対する意識を高めていけるよう教育を行っていきます。
また、社内電灯のLED化、システムを導入し紙の使用量を減らすペーパーレス化の推進、WEBなどを活用した会議などの導入を目指します。




17.パートナーシップで目標を達成しよう

当社の経営理念に掲げている通り、私たちに関わる全ての人たちと幸せを
共有したいと考えています。お取引先様はもちろん官・民・公、様々なパートナーシップを結ぶことで、経営理念とSDGsを達成していきたいと考えています。

CSR

CSRのページはこちら