1. HOME>
  2. CSR>
  3. 安全への取り組み

安全への取り組み 基本理念

私たちは人命の尊重を最優先し、常に安全意識の徹底と法令などの社会的規範、社内規定等を遵守するとともに「安全第一」を目指します。
また、管理体制を構築し安全確保の徹底に努めています。

安全基本方針

  1. 飲酒運転は絶対にしない
  2. シートベルト着用の徹底
  3. 過積載は絶対にしない
  4. 車間距離を十分に保つ
  5. 運転中の携帯電話は禁止

安全基本方針に基づく目標

  1. 無事故・無災害ゼロ
  2. エコドライブ運転の徹底
  3. コンプライアンスの遵守
  4. ビジネスマナーの徹底『挨拶・身だしなみ・車輌清潔維持』
  5. 人材育成と研修機能の向上

わが社の運輸安全マネジメントの取り組み

わが社の平成29年度(H29.4.1~H30.3.31)事故防止のための安全方針

社内で中央安全衛生委員会などを設置し、安全に係わる安全基本方針を定め、自主徹底を行う。

社内への周知徹底

「安全基本方針」に従い、従業員に日々周知徹底を図り、安全意識の高揚に努めます。
安全基本方針を社内及び営業所に掲示し、意識を高める。


安全基本方針に基づく目標

平成29年度重点安全目標

  1. 無事故・無災害ゼロ
  2. エコドライブ運転の徹底
  3. コンプライアンスの遵守

目標達成のための取組

平成29年度の安全計画

  1. 安全教育計画
    ヒヤリハット情報収集による日々の指導各種講習会の受講を計画
    安全会議(KYTシート活用)社内同乗教育(年二回実施)
  2. 安全車両実施事項
    ドライブレコーダー導入
    デジタルタコグラフ導入

わが社における安全に関する情報交換方法

  1. 社内同乗教育を実施し、従業員と日々意見交換を行い安全意識を高める指導を実施する
  2. ヒヤリハット報告を帰社点呼時に従業員と情報交換を行い、日々安全意識を図る。
  3. 運転日報から日々の情報を把握し、従業員とコミュニケーションを図り、安全意識を根付かせる。

わが社の安全に関する反省事項

ヒヤリハットを収集してチェックを行い、事例に基づいた解析と安全策を明確に営業所に掲示する。

反省事項に対する改善方法

類似事故事例を明確に分析・安全策を掲示し、再発防止及び意識強化を図る。

わが社の自動車事故報告規則に規定する事故0件

安全管理体制

教育計画≪指導教育内容≫

4月
トラックを運転する場合の心構え
5月
トラックの運行の安全を確保する為に遵守すべき基本事項
6月
トラック構造上の特性
7月
貨物の正しい積載方法
8月
過積載の危険性
9月
危険物を運搬する場合に留意すべき事項
10月
適切な運行の経路及び当該経路における道路及び交通の状況
11月
危険の予測及び回避
12月
運転者の運転特性に応じた安全運転
1月
交通事故に関わる運転者の生理的及び心理的要因及びこれらへの対処方法
2月
健康管理の重要性
3月
ヒヤリハット等 データによる危険個所、危険情報の情報共有化